食の都ロンドン

イギリスに対する2大悪口といえば、「天気が悪い」、「食事がまずい」です。
以前、『「イギリスは天気が悪い」をデータで見る』

「イギリスは天気が悪い」というより「イギリスは冬が暗い(そして長い)」

と前者に対する反論を試みたので、今日は後者に関して。

「イギリス料理はまずい」に対する反論もいろいろありますが、最近ロンドンを訪れた人で「まずいものしか出会わなかった」って人は単にレストランの探し方(選び方)が悪いのかと。 特に、ロンドンは世界中から人が集まり、”authenticity”(本場の味)が味わえる外食のバラエティの豊かさではヨーロッパ一。 ポイントは、低技能移民だけではなく、グルメが多い金持ちや高学歴・高技能移民が多いところ(イギリスは高等教育を受けた移民の割合がOECD諸国の中ではカナダに次いで高く、ヨーロッパの中では群を抜いている→The Economist : Immigrants: Better than billed)。 『ロンドンで懐石料理レストラン』の渡辺彩子さんが、

もともとヨーロッパで日本料理店を開く目的でMBA留学した。 ヨーロッパの食の都はパリだと思ってたけど、実際来てみたら食の都はロンドンだったので、ロンドンに予定変更した。

とおっしゃってたけど私もそう思います(残念ながらSakiは閉店)。 

乳幼児を持つ私たちはほとんど外食をしなくなりましたが、もともと食べることが好きなので稀にセントラルロンドンに行くときのレストランは絶対にハズしたくありません。 私が美味しいレストランを見つける方法はシンプル、食べたい料理の国の出身の友人に聞くこと。
・・・と長い前置きでしたが、ロンドンのお勧めレストランのリストをどうぞ〜(いろいろな人に長い間「書くから!」と約束していました)
家では材料が手に入りやすいイギリス料理やイタリアン・フレンチが多いので(家の料理本→Jamie OliverRiver CafeJulia Childなど)セントラルまで行くときは西洋料理ではないエスニック料理を食べることが多いです。 またロンドンではひとり£10(約1,500円)以下で絶品料理を見つけることは至難の技ですが、ひとり£20(アルコールなし)だとかなり選択の幅が広くなるので、断りがない限りこの価格帯のレストランです(以下、思いつくまま、順不同)。

[ 中華 ]
Four Seasons・・・広東料理の有名店。 BBQダックが食べられる店はロンドンに数あれど、ここがベスト。 Quipperの渡辺さんいわく、「北京ダックは世界一美味しい」。
Royal China・・・中国人の友人お勧めの高級中華。 残念ながら香港やシンガポールのように「安くて絶品飲茶」はロンドンにはないけれど、このレベルまで高級だとさすがに美味しい。 Phoenix PalaceというRoyal Chinaよりお手頃なレストランでも十分美味しい。
Chilli Cool・・・両親が四川出身の中国人の友人お勧めの四川料理店。 客層は8割中国人でデザートなどという西洋人に媚びたものはメニューになし(笑)。 具が見えないくらい多い唐辛子が利いたメニューばかりで激辛好きにはたまらない。

[ 韓国 ]
セントラルからは遠いが、南西ロンドンにあるヨーロッパ一の韓国タウンNew Maldenに本格韓国料理のレストランが集まっている(しかも安い!)。 私たちが行くのは電車の駅から近いHam Gi Pakだけど、日本語で「ニューモルデン 韓国料理」でググるとたくさん日本語ブログが出てくる。

[ インド・パキスタン ]
Raavi Kebab・・・両親がパキスタン出身のパキスタン系イギリス人の友人お勧め。 ケバブも美味しいしカレー(北インド系)も絶品。 ラマダン中は休みになる。

[ ベトナム ]
なぜかイーストロンドンのHoxton、Shoreditch界隈に集まるべトナミーズ・レストラン。 私たちが行くのは、いつも混んでるSong Queだけど食べ比べしてみるのも楽しそう。

[ レバノン ]
日本ではなかなかお目にかかれない中東料理。 ロンドンでは香辛料・新鮮なハーブ・レモンたっぷりのレバノン料理がリーズナブルで楽しめる、前菜は特にお勧め。 ケバブをピタパンに挟んだサンドだけなら£5以下で食べられ、「安くて旨い」食べ物が少ないロンドンでは貴重な存在。
Yalla Yalla・・・カジュアルでオシャレ、リーズナブルと3拍子揃っている。
Maroush・・・ロンドンのカジュアル・レバニーズの火付け役。 市内に何店舗かあるので便利。

[ メキシコ ]
Mestizo・・・メキシコ旅行でその美味しさに感動したメキシカン。 ロンドンにはテイクアウェイのBurrito(ブリトー)はあるけど本格メキシコ料理はほとんど見当たらないが、ここはメキシコ人の友人いわくロンドン随一。

[ トルコ ]
Kazan・・・3回のトルコ旅行ではまりにはまったトルコ料理。 ここはまだ行ったことないけどトルコ人の友人お勧めなので楽しみ〜。

[ フレンチ ]
Arbutus・・・フランス人の友人お勧めの本格ビストロ。 記念日ディナーでもいいし、ランチはリーズナブルで子連れにもフレンドリー。

[ ベーグル ]
Brick Lane Beigel Bake・・・ニューヨーカーの友人お勧め、Brick Laneの行列ができるベーグル屋。 私たちはいつも焼きたてほやほやベーグルを2ダース(24個)買って冷凍保存するけど、いつもあっという間になくなる。

——-
えっ? イギリス料理がないって? ガストロパブはどちらかというとセントラルロンドンより住宅街にあるご近所パブの方が美味しい気がするけど、実にロンドンっぽいなーと思うお勧めの場所をいくつか。
Ottolenghi・・・イスラエル出身、ユダヤ人のYotamとパレスチナ人のSamiが開き世界中に有名になったデリ・レストラン。 祖国では壁を隔てて会うことがなかった2人が自由を求めて来たロンドンで(2人ともゲイ)出会い、お互いのセンスに意気投合して小さなデリを開いて成功するというサクセス・ストーリーが、デリカウンターに並ぶ実にエキゾチックで華やかで美しく香り溢れるメニューに彩りを添える。 レシピ本『Ottolenghi: The Cookbook』はベストセラーになり、おもてなし料理に最適(我が家にも1冊あります)。
St John・・・最高に新鮮な食材を使ってシンプルに仕上げた不思議なイギリス料理。 内装・料理のサイズ・コンセプトどれをとってもオープン当初はセンセーショナルだった。
Morito・・・スペインのタパスと中東のメゼサイズの絶品フュージョン料理。 このエリア(Clerkenwell)はクリエイティブ業界が集まり、常時ハイレベルでトレンディーなレストランがオープンしている。

[ コーヒー ]
こちらのリストをどうぞ。

ありすぎて書ききれなくなってきました。 もっと探したい人は『ロンドコ 食べ歩きロンドン!』というサイトが便利。 このサイトのライターをしている江國まゆさんのブログもお仕事柄グルメどころがたくさん紹介されてます(お住まいが北ロンドンなので北のお店が多く、南西に住んでる私たちはほとんど行けないのが残念・・・)。
上記以外には「いやいや、ここは絶対トライして!」ってレストランがあればコメント欄にお願いしまーす。


6 responses to “食の都ロンドン

  • vallerfish

    はじめまして! ロンドコ・ライターです ^^ リンクを辿ってこちらに来ました。ものすごく面白いブログですね! 過去の記事、楽しみに拝見したいと思います。拙ブログ、北の情報ばかりですみません・・・これから南西にも力を入れていきますw なんて、きっと、la dolce vitaさんのほうがお詳しいと思いますが・・・^^; また遊びにきまーす☆

    • la dolce vita

      ありがとうございます! いつもレストランのお勧め拝見してます(たまにジャパセンでもらうフリーペーパーでも)。

      >これから南西にも力を入れていきますw
      南西はコンサバなのか美味しいエスニック料理はほとんどありません(New Maldenの韓国料理除く)。 食べ物だけはイーストに住みたかったなー、と思います。

  • Hina

    はじめまして。Hinaと申します。ヨーロッパに2年勤務→日本4年勤務の今年ロンドン大学留学を目指してます。ロンドン情報含め毎回とても興味深く読ませていただいています。

    ロンドン旅行のとき行ったインド料理のBenaresはおいしかったです。ミシュランの星付なので既にご存知かもしれません。私は清水の舞台から飛び降りる気持ちで行きましたが、値段に相当するおいしいワインとカレーを一緒に食べれてとても満足しました。サービスもカジュアルで洗練されていて、いい気分で食事を楽しめました。

    Benares Restaurant & Bar
    12a Berkeley Square House
    Berkeley Square
    W1J 6BS
    Tel: 0207 629 8886
    Fax: 0207 499 2430
    http://www.benaresrestaurant.com/

    • la dolce vita

      はじめまして! お勧めありがとうございます。
      Banares、すごい高級インディアンですね、でも美味しそう!
      ミシュランの星とか私、全然知りません(笑)。 乳幼児連れなので安くてカジュアルオンリーです。

      上に書いたレストランはけっこうロンドン大学の近くも多いですよ。 ロンドン、お待ちしてます♪

  • Gen Shibayama (@gshibayama)

    ハイエンド系で世界一の美食の都市はロンドンですね http://bit.ly/MIaNrm

    グレイターロンドンでのレストラン含むホスピタリティ関連雇用の移民比率は42%(全雇用平均は24%) http://bit.ly/128HlWs

    • la dolce vita

      コメントありがとうございます。
      San Sebastianの食のレベルの高さには本当にぶっ飛びました(ミシュランレストランなんて行ってません、普通のバルですら)。 移民比率は半分に近いんですね、Greater Londonってことはセントラルだと半分越えてますね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: