理想の1日

6:00 起床。 朝日を浴びながらジョギングをする。
7:00 シャワーを浴びた後、家族全員で朝食。
8:00 夫と子どもたちをそれぞれ仕事と学校へ送り出す。
8:30 家で仕事開始、生産性が高い朝のまとまった時間にできる仕事を一気にこなす。
12:30 家で昼食、たまに外でクライアントや仕事関係者とランチミーティング。
13:30 午後、外出が必要な用事をまとめて片付ける。 外出がない日は家で引き続き仕事。 子どもたちが学校から帰ってきたらおやつ、再び友人宅やクラブ・習い事などに送り出す。
18:00 子どもたちと今日1日の話をしながら夕食の準備。
19:00 夫が帰宅。 家族全員で夕食。 夕食後は後片付けをしたり、子どもの就寝の準備。
21:30 お風呂に入る。
22:30 就寝。

上のスケジュールは何だと思いますか? 夫と結婚する前、約6年前に私がノートに書き出した「理想の1日」です。

私は6年前には日本の財閥系総合商社でアジアのIT事業投資の仕事のため東京とシンガポールを数週間おきに往復していました。 『キャリアの下り方 – 1』に書いた次のような生活です。

30歳になる前に年収は大台に乗り、毎月海外出張して泊まるのは5つ星ホテル、出張先の移動はタクシー、食事はレストラン。 お給料が増えても出張中はほとんど経費が出るので使う暇がなく、出ていくのはほとんどいない東京のアパートの家賃くらい。 空港とホテルと客先のトライアングル移動する生活を複数都市で続けると時差ボケと運動不足でいつも疲れているので、移動中のタクシーの中から行きつけのマッサージの予約ばかりしていた気がします。 ちょっと時間ができてもホテルのラウンジでメールチェック。

当時の彼氏(現夫)との結婚が決まり、ゼロベースで書き上げた「理想の1日」が冒頭のものです。
あれから紆余曲折ありましたが、ふと気づいたら、おっ、今の生活、理想の1日に近いではないですか! 乳児と幼児がいるので「理想の1日」のように余裕はありませんが、細かいところはさておき、全体の感じは果てしなく近いです。

ひとつめのキャリアの山を下りてどの山に登るか、仕事の内容を決めたのはもっとずっと後のことですが(震災直後なので2年前→『クリエイターになりたい。』『空間が持つパワー』)、私がたどった道はこうです。
1. 自分の幸せ構成比を把握し、構成比が大きい順に押さえていく→『今日は私の キス記念日』
2. 常に理想の1日を頭に描き、岐路に立ったときはそれを実現するような道を選ぶ

1日1日を満ち足りた気持ちで終えられることはとても大事なことだと思います。
『3週間続ければ一生が変わる』という本にこうあります。

すばらしい人生とは美しい真珠のネックレスのように満足して送れた日々の連続、毎日が重要で最終結果の質に影響を与える

オフ会に来て頂いた方のコメントにもありますが、人生やキャリアの岐路に立っている人が多いようなので、こんな方法もありますよー、ってことで。


One response to “理想の1日

  • 理想の一日 – MNML LIFE

    […]  「理想の一日」というテーマで書いてみた。理想の一日というか、理想の生活というか。仕事の内容とか、どこに住んでいる(海沿いということ以外は)とかは書いていないけれど、こんな風な生活ができたらなぁというものだ。  人は自分がイメージ出来ないことは実現できない、と言われるほど、「具体的にイメージする力」というのは何かを達成しようとする上で非常に重要な能力となる。こういった文章を書くことは、そのための訓練でもある。    以前にこのブログでも紹介したことのある、クローデン葉子さん(@yokokloeden)のこちらの記事を読んで、自分も書いてみたいなと思っていた。   参照:「理想の1日」 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: