初めての納税申告

シンガポールの税務当局IRAS(= Inland Revenue Authority of Singapore)から「2008年分の納税申告をしなさい」、とe-File(電子申告)のPIN(暗唱番号)が送られてきました。
日本では、サラリーマンは所得税・住民税ともに源泉徴収されるので、私にとっては初めての納税申告です。
personal_income_tax.jpgシンガポールには住民税はなく、個人所得税に一本化されています。 右のテーブルは現在の税率。 最高税率20%ですが、ほとんどの人は17%以下でしょう。
国の特徴を現しているのは、税控除(日本で言う所得控除)ですが、基礎控除生命保険料控除寄付金控除配偶者控除CPF控除障害者控除など日本にもある控除の他にこんなものがあります(日本のケースを知りたい人は→『手続き・届出110 – 所得控除とは』)。
外国人メイド税控除・・・『6家庭に1軒がメイドを雇う社会』に書いたようにシンガポールの多くの家庭は住み込みのメイドを雇っています。 メイドを雇うには政府にメイド税を払う必要があるのですが、そのメイド税の2倍を控除できるというもの。
子どもを持つワーキングマザー控除・・・『シンガポールの少子化対策 – 政府の嘆きが聞こえる・・・』に書いたようにシンガポールでも少子化は深刻な社会問題。 今まで子ども1人の場合、所得の5%控除だったのが、今年度から15%に引き上げられました(2人以降も同様に引き上げられた)。


その他、National Serviceと呼ばれる軍隊に入っている人向けの控除や(シンガポールは徴兵制)、Vocational courseと呼ばれる職業訓練コースの授業料が税控除の対象になったり・・・
シンガポール人のワーキングマザーでメイドを雇っていたら、ほとんど課税所得はゼロに近くなるのでは?というほど控除があります。
なお、今年は未曾有の不況なので『大胆なシンガポール2009年度予算』に書いたように個人所得税の20%還付(max. S$2,000)もあり。
なお、今回はじめて政府のサイトから税金の電子申告をしたのですが、非常にわかりやすく一瞬で終わりました。
私は永住権保持者(= Permanent Resident)なので、シンガポールでは”IC”と呼ばれる身分証明カードとID番号を持っており、ひとつの番号で全部紐ついているのです(日本で「国民総背番号制」と呼ばれて非難を浴び実現しなかった国民ID番号です)。
この前、日本の社会保険庁のインターネットサービスのIDを請求しました(シンガポールから電話で問い合わせていては埒があかないので)。
日本を出るときにちゃんと国外転居届を市役所に出してきたのに、社会保険庁とはデータがシェアされておらず(こちらは年金番号で処理)、「住所が照合できないのでIDを発行できない」という旨のレターがご丁寧にシンガポールまで郵送されてきてガックリきているところです・・・


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: