恐怖の住民税

日本に一時帰国しています。
実家に恐ろしい郵送物が送られていました、差出人は東京都文京区税務課。
そうです、シンガポール移住のため会社を退職した私は住民税が普通徴収に切り替わり前年分の納付書が送られてきたのです。 その額、実に私の月収に値します。
給与から天引きされている時はあまり税金を納めている実感がありませんが、いったん自分の懐に入ってしまったものをまた出すのは本当に辛いですね、仕方ないですが・・・
自分が納めている税金の額を把握していない方はぜひ毎月の給与明細を読み直して把握しましょう!(『FP技能士3級のススメ』に書いたように一度包括的に勉強してみるのもお勧めです)。 「こんなに納めているのか?!」と驚くはずです。
こんな時、シンガポールに移住してよかったと心から思います。


シンガポールは個人所得税が最高21%、住民税はありません。
All Aboutに世界の国の所得税を比べたこんな記事(↓)が載っていました。
All About:将来住むならここ! 世界の所得税比べ
もちろん住む国を決める要素は税金だけではありませんが(『シンガポールで資産運用』に書いた通り、キャピタルゲイン税も金利・配当金税もなければ、相続税・贈与税もありません)、経済合理性を考えるとついつい他国に引っ越すのを躊躇してしまいます(ただし、車やタバコ・酒などの嗜好品に対する税金は突出して高いです)。
住民税は明日早速銀行で一括払いしてきます(分納する手間も面倒ですし、低金利の銀行預金にお金を置いておいても雀の涙ほどの金利しかつかないですしね)。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: