緊急じゃないけど大切なこと – 1

このブログを始めて1ヵ月半経ちました。
6. 健康・美容のカテゴリーにちっともエントリーが増えないので書こうと思います。
『幸せはバランスの上に』に書いたように、ブログのカテゴリー分けは私の手帳に書き込んである年間・月間カテゴリーと同じになるようにしています。
ワタミ社長の『夢に日付を!』は大好きな本ですが、この中で一番心に残っているのが「”緊急じゃないけど大切なこと”をいかに続けられるかが成長の鍵」、という点です。
本によると、すべての物事は以下の4つに分類することができます。

  • 緊急で大切なこと
  • 緊急だけど大切じゃないこと
  • 緊急じゃないけど大切なこと
  • 緊急じゃなく、大切でもないこと


人間、毎日の忙しい生活の中でつい「緊急で大切なこと」を優先してしまいがちです。 でも5年後、10年後の自分に大きな違いを生み出すのは「緊急じゃないけど大切なこと」です。 私のカテゴリーでは、6. 健康・美容、7. 心・精神、4.教養・知識がそれに当たります。
「緊急じゃないけど大切なこと」を行動に落とし込むと、「週3回エクササイズする」とか「健康的な食事をする」になります。
こういう緊急性がなく、やってもやらなくても誰にも迷惑をかけないことは、いかに行動に移す障壁をなくすか、普段のスケジュールに自動的に(かつ強制的に)組み込めるか、がポイントになります。
最近、週1回オーガニックベジタブル(季節の野菜をショップがセレクト)を家までデリバリーしてもらうようになりました。
元々は健康的な食事が目的ではなく、食料品の買い物の負担を減らすのが目的だったのですが(車がなく徒歩圏にいいスーパーがないので大変)、以下のような思わぬ効果を生み出しています。

  • 結構な量のオーガニックベジタブルが週に1度届くので野菜中心に献立を立てざるをえなくなる
  • 水曜日はサラダの日!(水曜がデリバリー日) 新鮮で美味しいのでいそいそと家に帰るようになった

ちなみにこれらの野菜はオーストラリアから空輸便で届くのでお高めですが(シンガポールに農業はないのでほぼ100%輸入品)、なぜか近所のスーパーのマレーシア産の野菜より新鮮。
“You are what you eat”
緊急じゃないけど大切なことはどんどん自動化しましょう。
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=sekaikyulifestyle-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4860631242&fc1=696969&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=708090&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1


One response to “緊急じゃないけど大切なこと – 1

  • la dolce vita

    (過去のコメントは以下)
    Esprit  July 14, 2008 11:30 PM
    はじめまして。勝間和代さんのブログのコメントを読んで、こちらのブログにやってきました。
    la dolce vitaさんは素敵な生き方をしてらっしゃいますね。
    今日、la dolce vitaさんのブログでシンガポールには農業はないので、100%野菜を輸入している、ということを読んで、コメント&お聞きしたいことができました。日本では、食料安全保障の観点から食料自給率の向上や環境問題や安全性の観点から地産地消を訴えている人がいます。一方、日本の農業が過剰に保護されていること、日本国内での農業生産が非効率的でコスト高である、という理由から、食料は外国産の安いものを輸入すればよい、という意見の方もいます。
    シンガポールでは自国の食料自給率のことについて、食料安全保障の観点からどのように考えられているのでしょうか?特に今のように世界的に食糧価格が高騰しているような状況下で、自国の農業について、何か議論が起きていますでしょうか?
    ブログの記事でシンガポールの状況や、シンガポールの人たちの食料や農業についての考え方など紹介していただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。
    la dolce vita   July 15, 2008 9:52 AM
    >Espritさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    シンガポールには農地が不足しているため、非常に少量の農産物を生産している他は、ほぼ全て輸入に頼っています。よって政府の農業政策=農産物の輸入政策と言い換えていいと思います。
    安全保障という観点からは狂牛病など家畜伝染病の発生や気候変動による輸入量減少リスクに備えて輸入相手国の多様化を進めており、日本・オーストラリア他各国とFTAを締結しています(農産物がイシューにならないため、各国もシンガポールとFTAを結びやすいようです)。
    シンガポールは国土が狭く農地がほとんどないため自国の農業は現実的ではなく、海峡を隔てたマレーシアをほぼ裏庭のように使ってマレーシア産の農産物を多く輸入しています(これは農業に限らず工業もです)。
    高級スーパーでは日本産やオーストラリア産も多いですよ。
    また追々、ブログでご紹介しますね。
    Esprit  July 15, 2008 10:42 PM
    la dolce vitaさん、コメントありがとうございます。農産物がイシューとならないため、FTAが結びやすい、というのは、なるほど!です。日本にいると、米、EU、東アジアなどには目が向いて想像し、考えることができるのですが、それ以外の国の事情はあまりわからず(私が積極的に情報を入手しないのもいけないのですが・・・)、今回のシンガポールの農業のように、言われてみて、そうか!と思うことが多いです。これからもシンガポールの事情、楽しみにしています。
    la dolce vita   July 16, 2008 9:56 AM
    >Espritさん
    そうですね、私も仕事で頻繁に来るようになるまであまり東南アジアのことは知りませんでした。
    シンガポールから東南アジア、インドまではよくカバーできるようですが中国になると少しうとくなります。
    私もバランスよく情報収集できるようになりたいと思います。
    今後ともよろしくお願い致します。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: