MBAの同窓会

毎年5月末にフランスのFontainebleauというパリ郊外の町でINSEAD(フランスのビジネススクール)の卒業5年目、10年目の同窓会が開かれます。
先月末には、私の1期上の人たちが5年目の同窓会に出席していました。
これはどういう意味か?というと、来年はいよいよ私たちの番(5年目の同窓会)だ、という意味です。
偶然ですが、『ハーバードからの贈り物』という本にHarvard Business Schoolの同窓会にまつわるエピソードがありました。 この本は(HBSの伝統である)学期最後の授業で教授が生徒に送るメッセージを集めたものです。
長くなるので、下の”続きを読む”をクリックして引用をご覧ください。
これに似たことはMBA同窓会に限らず、至るところで行われていると思います。
久しぶりに会う入社同期の出世度合いを計るとき、大学の同窓会で近況報告し合うとき・・・
「他人がうらやましがるキャリア」ではなく、「自分が生きたいキャリア」が大事、と何度も心に誓うのですが、度重なる他人の目、無言・無形のプレッシャー、プライド、に流されそうになるのです。
この本を読んで以来、来年の5年目の同窓会、出席しようかどうか今から悩んでいます。


以下、『ハーバードからの贈り物』の引用。

今から数年後、あなたのもとにHarvard Business Schoolから郵便物が届くだろう。いかにも楽しげな卒業5年目の同窓会への案内状だ。(中略)
行ってはいけない。
私がひとつだけアドバイスするとすれば、それに尽きる。
5年目の同窓会というのは危険なイベンドである。卒業後の短い間に自分がどれほどのことをなし遂げたかを見積もり、それを絶対的な尺度ではなく相対的な尺度で判断することを余儀なくさせられる。言い換えれば、自分の実績と収入を、自分自身の目標や成功の基準ではなく、同級生の実績や収入と比較することになるのだ。(中略)
いや、これは何年も先の話ではない。5年目の同窓会がいずれやってくるという、そのことだけでも現在のあなたの決断に影響を及ぼしかねない。おんぼろのフォードをピカピカのBMWの間に駐車するときに感じる羨望や、バリバリ仕事をして高給を得ている昔の同級生に、自分の興した会社が失敗したことを告白するときの悔しさを、まだ卒業もしないうちから想像してしまう。その結果、意識的にせよ無意識的にせよ、自分の人生を同窓会に向けてコントロールしはじめ、短期間で履歴書にハクがつきそうな仕事を選んだり、大金を稼げそうな仕事に飛びつくようになる。すぐに成果の出ない夢や目標は後回しになり、高級車が買えることにつられてやりたくもない仕事に就いてしまう。本来目指すべき目標、本当に自分にとって大切なものを見失ってしまうのだ。そして自分のキャリアに関して、リスクのともなう決断を下すことに過剰に消極的になり、しまいにはどんな決断を下すにも優柔不断になってしまうのである。
私は教授として、学生がこうした状況に陥るのを幾度となく見てきた。卒業後、華々しい成功を収める友人たちを横目に、お金も達成感も得られぬまま苦労するのはごめんとばかりに、新卒の学生は一番確実そうな道、つまり初任給の一番高い道に就く。そうすれば、同窓会に出たときに格好がつくというわけだ。こうして、本当はメディア業界でクリエイティブな仕事に就きたい学生がインベストメントバンクに就職したり、本当はリスクを冒してでも起業して自主独立の生き方を貫きたい学生が安定企業に入社したりする。5年間にクラスメイトたちが何を手に入れるか – コーナーオフィスか、多額のボーナスか、立派な肩書きか – を想像するうちに、リスクに対して行き過ぎた警戒感を抱き、失敗を恐れるあまり自分の興味を追求するのをためらうようになる。その結果、多くの聡明で才能あふれる人間が、一見カッコよく高給は得られるけれども、その人には合わない、その人が本当にやりたいことをやるのに何の役にも立たないような仕事に就き、いたずらに時間を過ごしているのだ。(後略)


5 responses to “MBAの同窓会

  • まつーら

    なるほど、考えさせられますねぇ。la dolce vitaは、僕から見ると、しっかりとした自分の道を突き進んでいて、すごいなーって思いますけど、やっぱ上には上がいますからねー。
    僕も、一番初めの会社は、仕事の内容にしろ、周りの同期や先輩、後輩にしろ、結構満足していたので、そこを去るときには、「何かやってやるぞ!」って思いが強かったんですけど、6年経った今、自分の中で「あー、僕、何やってんだろー」って考えることが多くて、前の会社の仲間に会うのが億劫なときもありました。
    でもやっぱり、自分は自分。
    「人を基準に生きるってことは・・・その人生は自分のものじゃないってことだ」
    って、ある漫画本で読んで、そーだと思い直しました。
    ってことで、5周年パーティーの結果、楽しみにしてます。
    追伸:
    Chikaさんから、またコメントありましたね!羨ましい。。。w

  • まつーら

    あー!!大変失礼しました。。
    la dolce vita”さん”が抜けてました。。
    さんさんさまさま・・・

  • la dolce vita

    >まつーらさん
    >前の会社の仲間に会うのが億劫なときもありました。
    わかります〜、その気持ち。
    >でもやっぱり、自分は自分。
    >「人を基準に生きるってことは・・・その人生は自分のものじゃないってことだ」
    なかなか自分基準って難しいですよね。 “去年の自分と比較する”ってのはよくやります。
    >Chikaさんから、またコメントありましたね!羨ましい。。。w
    ほほほ、さすが! 気付きました?

  • sonoko kanai

    不思議な話ですね。傍から見るとハーバードを卒業しただけで十分誇りに思えることなのに、その中での心の戦いはポジティブなものでは無くてPeer Pressureで埋もれてるということ。ハーバードの卒業生全員がそうでは無いとおもいますが学問の戦いがすごすぎるとこうなるのでしょうか。私は化学者ですが私達のなかでもハーバードの教授でノーベル賞を取った教授のところの自殺者が数人も出ていて、世界の優秀な人がPeer Pressureに苦しんでいるのを見て、そんなに狭い視野で見ないで卑下しなくてもいいのにとハーバード程知られていない大学院に行っていた私は思いました。
    私も結局初任給が高く大会社で安定した会社なら外国に住んでいても大丈夫だろうとおもってスイスの製薬会社で働いております。でも大会社だから仕事が重なる部分があり余計に人がいるからReorganizationがあったらいつでもきられるかもしれないなと思ってきました。化学を勉強したから製薬は出来ますが他にマーケットに持っていくまでに1Billion USDかかる、10年かかる、だから先進国向けの薬で儲けの高い薬を作る、と色々薬の作り方をOn the wholeで勉強させてもらってます。ただ自分のしなくてはいけないことは儲けが少なくてもたくさんの人が助かる薬を作らなくちゃいけないのではないかと思い、夢を追いかけるにはどうしたらいいのかと思い世界級ライフのWebsiteにたどり着きました。一年間Businessを勉強したらどうやったら夢を叶えられるかのヒントを得れるのではないかと。

  • la dolce vita

    >sonoko kanaiさん
    >ハーバードの卒業生全員がそうでは無いとおもいますが学問の戦いがすごすぎるとこうなるのでしょうか。
    学問の戦いのせいではないですね、ビジネススクールですから。 在学中は(成功した)卒業生が話に来たりするのですが、金融だと年収がUSD1mil.、USD2mil.当たり前の世界で感覚が麻痺しちゃうんですよね。 「自分も数年後にはこんなに稼げるのか」と夢(?)を見るようにもなるし、(これは特にアメリカ、特にハーバードなのかもしれないけど)成功の基準をお金で測るようになってしまう。 これが2006年頃をピークとした金融バブルの頃の話です、時代の影響が多分にある。
    うちの学校はそこまでではなかったけど、やっぱり投資銀行勤務の友達が、プライベートの旅行はファーストクラスで飛び、1歳の息子の誕生日パーティーがそんじょそこらの結婚式より盛大だったのを間近に見ていたので、「普通の人の感覚を保とう」と強く自戒していたのを思い出します。
    今はバブルがはじけたので、そんな人たちは希少人種になっています。
    >ただ自分のしなくてはいけないことは儲けが少なくてもたくさんの人が助かる薬を作らなくちゃいけないのではないかと思い、夢を追いかけるにはどうしたらいいのかと思い世界級ライフのWebsiteにたどり着きました。
    うーむ、難しい問題ですね。
    ビジネススクールの本当のパワーは学問の内容ではなく、教授陣・卒業生の持つネットワークの広さ、深さ、レベルの高さにあります。 だからkanaiさんのように初めからやりたいことが決まっている人は「とにかくどうやったら実現できるか」という点に集中して、学校の膨大なネットワークを使って調べまくるのがよいと思います、教授陣は精一杯協力してくれます。 そういう意味ではやりたいことが決まっている人の方が、学校の活用度が高いと思います。 「成功の基準 = お金」になってしまう人の多くはやりたいことが決まってない人なので(決まってても周りの雰囲気に流されてしまうんだけど)。
    ただ、そういう活用の仕方をしようとすると、学校の勉強だけに時間を取られる訳にはいかないので、学校の勉強の内容(特にAccounting、Microeconomics、Financeあたり)は事前に勉強しておいた方がいいかもしれません、1年制は相当ハードワークです。
    学校選びは自分のやりたいことと学校の特色が合っているか、に絞った方がいいと思います。
    このブログでも現在ビジネススクール在校生で学校の力を活用しながら、夢を追い求めている人を紹介しているので彼らのブログも参考になると思います(↓)。
    http://www.ladolcevita.jp/blog/global/2009/07/blastbeat–.php
    http://www.ladolcevita.jp/blog/global/2009/07/—streetcanvas.php

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: