2017年 二都物語

ある地区に2組の家族が住んでいました。 彼らはお互いから徒歩5分のところに住んでいますが、彼らの人生がすれ違うことはありません。

Aファミリーは、両親と2歳から9歳まで4人の子どもの6人家族。 イギリス人の父はアセット・マネジメント会社のパートナー(共同経営者)、オランダ人の母は専業主婦、子どもたち4人は私立の学校や保育園に通っています。 彼らが住む家は4階建てのテラスハウス(220平米)、5ベッドルーム(うち4室はバスルーム付き)、1階はオープンプランのリビング、キッチン、ダイニング、別室で書斎と子ども用プレイルーム、地下にはワインセラーがあります。 最近、全面改装したこの家の資産価値は260万ポンド(日本円約3.7億円)です。


Bファミリーは、5人家族、両親と6歳から13歳まで3人の子どもたちです。 ガーナ系イギリス人のこの家族は低所得のため生活保護を受けており、公営住宅(カウンシルフラット)の2ベッドルーム(70平米)のフラット(アパート)に住んでいます。 その公営住宅は60、70年代のスラム街一掃の一環でスラムに住んでいた貧困層を収容するために1974年に建てられた24階建ての高層ビル、老朽化が進んでいましたが2016年に改装工事が終了しています。 ビルには1フロアに2 – 4ベッドルームのアパートが4 – 6戸入っており、120戸の中には生活保護・住宅補助を受けているBファミリーのような貧困層もいれば、民間に分譲されたフラットとして購入した人(主に近年の不動産価格高騰の煽りを食って一戸建てが買えない若者)もいます。 2015年に売り出された2ベッドルームのフラットの売値は25万ポンド(日本円約3,500万円)、これは2ベッドルームのフラットの平均売価が1億円を優に超えるこの地区では破格の値段です。


Aファミリーの住む一角には企業経営者・著名フットボール選手・セレブリティなどが住み、通りにはBMW、アウディなど高級車が駐車されています。
Bファミリーが住む一角は貧困層・低所得者層が住み、車を所有する余裕がない彼らは主にバスが移動手段です。

冒頭にある通り、彼らはお互いから徒歩5分のところに住んでいますが、住む世界は完全に別世界です。
彼らの住むところを地図で見てみましょう。

Aファミリーが住んでいるのは、下の青いエリア、全英で、どころか全世界で最も裕福な住宅街のひとつです。 Bファミリーが住んでいるのは左上の真っ赤なエリア、全英で最も貧しいエリアです。
先ほどのBファミリーが住んでいる高層ビルに上の貧困マップの色分けを重ねてみましょう。

最貧困地域にあるBファミリーのアパートですが、20階に住む彼らの家からはAファミリーの住む家がよく見えます。 それでも彼らの人生は交わることはありません。 彼らが住むRoyal Borough of Kensington and Chelsea(ケンジントン・アンド・チェルシー区)の年収の平均値は1,230万ポンド(日本円約1,750万円)で全英で最高値ですが、年収の中央値は3万2,700ポンド(日本円約460万円)、平均値と中央値の差は全英一、つまりイギリスで貧富の差が一番大きい区なのです。

2017年6月14日未明、Bファミリーの住むアパートの4階の一戸から出火した火は瞬く間にビル全体に燃え広がりました。 2016年に全面改修したこのビルでは、火災報知器は鳴らず、スプリンクラーも設置されておらず、外壁に(米独などでは違法の)可燃性のパネルが使われており、エレベーターが機能しない非常時の唯一の逃げ道がビル中央にある階段だけ、その階段が巨大煙突の役目を果たして短時間で黒煙を吹き上げた、火事の危険性は住民からも専門家からも過去に指摘されていた、という悲惨な事態が次々と明らかになっています。 20階に住んでいたBファミリーは全員まだ行方不明で生存が絶望視されています。

今週、西ロンドンのノース・ケンジントンにある公営住宅(カウンシル・フラット)を襲った大火事は、

21世紀のイギリスという先進国において、金持ちは安全をお金で買えるが、住む場所すら選べない貧困層は防火という最低限の安全すら保証されていない

という衝撃的な事実を映し出しました。 チャールズ・ディケンズの『二都物語』の現代版だとも指摘されています。
ケンジントン・アンド・チェルシー区という世界で最も裕福な区のひとつで明らかになったこの残酷な事実を前に、多くの人々が衝撃を受けています。 何を思えばいいのか言葉もありません。 その衝撃は人類共通の敵による蛮行である最近のテロよりも大きいかもしれません。

今回の大惨事で犠牲となった方のご冥福をお祈り致します。

注:Aの家族は実在の人物をモデルにした架空の家族です。 A家族の住宅の写真は不動産検索サイトZooplaの当該エリアの物件から、Bファミリーの住宅の写真は売価25万ポンドだった物件の写真です。
参考:Express – London Fire: Inside Grenfell Tower where two bed flats rent for £2,000 a month
London Evening Standard – London fire: Inside the £2,000-a-month Grenfell Tower flats before the blaze
Huffpost – Grenfell Tower Fire Lays Bare The ‘Tale Of Two Kensingtons’ – A Borough Of Extreme Rich And Poor
BBC – London fire: A tale of two tower blocks


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: