アイスランド破綻に思うこと

iceland.jpg先週から北欧の小国アイスランド(注:アイルランドではない)が実質国家破綻状態に陥っています。
NIKKEI NET : アイスランド、民間銀を政府管理下に、金融非常事態を宣言
JBpress:アイスランド、国家破産の危機 銀行救済を巡る厳しい選択
IHT : Isolated Iceland wonders who to turn for help
The Economist : Kreppanomics
アイスランド(人口:31万人)といえば、2007年の1人あたりのGDPがUS$63,800と世界3位(日本はUS$34,300)。 金融自由化で世界中から投資を呼び込み、経済の優等生として国際競争力ランキングでも上位に位置し、大前研一さんが著書『やりたいことは全部やれ!』で絶賛していたことも思い出します。
最近はその神秘的な景観から映画のロケ地としても有名で、ヨーロッパ人の人気観光地として、私の友人も数多く観光で訪れていました。
そのアイスランドの銀行は同国のGDPの12倍(ブルームバーグ試算)に相当する約US$6.1bil.(約6兆1,600億円)の債務を抱えているらしく、到底政府(及び国民)が払える金額ではありません。


私がこのニュースで悲しかったのは、世界であまりトップニュースになっていないこと。
そして、緊急支援を友好国に求めたのに誰も支援に応じず、唯一ロシアだけが応じる用意があるとしたこと。
FT : Iceland forced to seek Russian capital injection
ヨーロッパ各国政府はみな自国金融システム崩壊への危機対応でパニック状態にあり、人口31万人の小国の運命なんてどうでもいいのでしょうが、小国だと見捨てられ、このままIMF管理下に置かれるんでしょうか?
そして「過去に一時的に繁栄したけれど、過剰なレバレッジの結果破綻した国」として歴史の教科書に記載されるようになり、窮乏生活を強いられるようになった国民の中から移民が出たりするんでしょうか?(働いても働いても国の借金返済のために税金で大半取られるんだったら私なら海外移住しますね・・・今は世界中どこもひどいので行くところないですが)
そして一番考えさせられたのが「小国であることのリスク」。
シンガポールに来て以来、小国ならではの機動性を活かした国家戦略と政府の実行力に感心していたのですが、小国ならではのvulnerability(脆弱性)とは常にコインの表裏の関係。
米保険大手のAIGが”too big to fail”(大きすぎて潰せない)で救済されたということは、逆に言うと(企業も国家も)「小さければ影響も小さいから潰してもOK」と言うことと等しいのでは?
小国シンガポールも人ごとではないと思います。
アイスランドのケースは国民がツケを払わされるのには大きすぎる金額で、緊急の応急措置を施しながら世界全体で痛み分けしつつ、再発が起こらない体制になればいいですね。 外野は何とでも言えると言ってしまえばそれまでですが・・・


One response to “アイスランド破綻に思うこと

  • la dolce vita

    (過去のコメントは以下)
    snowbees October 14, 2008 6:14 AM
    <アイスランドがIMFに救済融資を要請>
    1)アイスランドはIMFに加盟している。
    2)したがって、ルールでは、IMFと救済融資を先ず交渉し、その妥結後に、IMF条件を参考にして、他の融資候補先と交渉する。
    3)ロシアによる「ツナギ」融資はまだ噂の段階?
    4)したがい、本件はしばらく静観すべきでは。
    http://news.yahoo.com/s/nm/20081013/bs_nm/us_financial_iceland
    katsu October 14, 2008 10:46 AM
    >働いても働いても国の借金返済のために税金で大半取られるんだったら私なら海外移住しますね・
    と言いながら
    >緊急の応急措置を施しながら世界全体で痛み分けしつつ、再発が起こらない体制になればいいですね。
    と言っているのには矛盾がないのか?
    痛みが嫌だから海外移住すると言っているのに、関係ない国が痛みを分かち合うと主張するのは矛盾している。
    欧州各国首脳がアイスランドをどうでもいいと言っているとは思えません。自分の国のことで頭がいっぱいなだけじゃないでしょうか?(英国でもドイツでもつぎ込まれる公的資金の総額は日本の投入額規模を超えそうな勢い)
    それは仕方ないと思います。
    ロシアが緊急融資に応じるのはその国に何か目的があるのではないでしょうか?(アイスランド近辺の資源目的とか。)。
    むしろアイスランド政府が預金を全額保護にすると言って英国の預金者がアイスランドの銀行に緊急避難して両国とも困っているというのが記事になっていました。
    アイスランドの金融システムが英国なりドイツなりに影響を及ぼす時には今のようなことにならないと思います。
    la dolce vita October 14, 2008 11:21 AM
    >snowbeeさん
    >3)ロシアによる「ツナギ」融資はまだ噂の段階?
    そうですね、ロシアの件についてはアイスランド首相が融資を受けると発表した後、ロシアが否定したり、すったもんだがあったようです。
    >katsuさん
    >痛みが嫌だから海外移住すると言っているのに、関係ない国が痛みを分かち合うと主張するのは矛盾している。
    補足しますと、全額を31万人の1人になって負担させられるのであれば移住するが(金額が大きすぎるので現実的ではないですが)、80億人の1人として負担するのは仕方ないというか当然、という意味です。 
    >ロシアが緊急融資に応じるのはその国に何か目的があるのではないでしょうか?(アイスランド近辺の資源目的とか。)。
    ロシアに目的があるのではないか?という憶測は認識していますが、憶測の域を出ていません。 
    各国の反応については週末時点での経過による感想を記事にしただけなので、今後も二転三転すると考えています。
    日向清人 October 14, 2008 7:24 PM
    こんにちは。以下で目にしたアイスランド事情からすると、そうも純真無垢な小国民とは言えない気がします。
    http://www.economicshelp.org/2008/10/problem-with-iceland-economy.html
    sugawara morihiko October 15, 2008 2:44 PM
    「過去に一時的に繁栄したけれど、過剰なレバレッジの結果破綻した国」として歴史の教科書に記載されるようになり、窮乏生活を強いられるようになった国民の中から移民が出たりするんでしょうか?(働いても働いても国の借金返済のために税金で大半取られるんだったら私なら海外移住しますね・・・今は世界中どこもひどいので行くところないですが)
    >>
    決して否定的な意味ではないのですが、繁栄の恩恵を受けた上で破綻後の返済からは逃げるライフスタイルは、ただの自己中心主義者に見えます。
    la dolce vita October 15, 2008 7:00 PM
    >日向さん
    「個人ローン」の額が大きいことでしょうか?
    >sugawara morihikoさん
    >繁栄の恩恵を受けた上で破綻後の返済からは逃げるライフスタイルは、ただの自己中心主義者に見えます。
    補足しますと、破綻後、十数年にわたり経済が低迷し就職もままならず、という日本のバブル崩壊後の不景気・就職氷河期のもっとひどい版をイメージをしておりました。 バブル期の繁栄を知らず社会に出たときは就職氷河期であった世代に「国としては繁栄を享受したのだから、そのツケを払え」と言っても納得を得られないのは事実かと思います。
    hyotan October 19, 2008 5:44 PM
    こんにちは。mixi から来ました。
    アイスランドをなぜロシアが助けるか、それはきれい事ではないようです。アイスランドがロシアのマネロン基地になっているのは昔から割と有名でした。
    それよりも、GDPの数倍規模の銀行を複数抱えているスイスのほうがリスクが高いです。
    la dolce vita October 21, 2008 11:16 AM
    >hyotanさん
    こんにちは。
    >アイスランドがロシアのマネロン基地になっているのは昔から割と有名でした。
    そうなんですか、知りませんでした。
    >それよりも、GDPの数倍規模の銀行を複数抱えているスイスのほうがリスクが高いです。
    スイスの銀行は貯蓄額は多くてもレバレッジ(借り入れ)の比率が高くない、というグラフをどこかで見ましたが? 今、スイス系専業プライベートバンクが投資銀行やユニバーサルバンク(UBSとか)から流出する顧客の争奪競争をやってますねー よく広告を見ます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: