最近、本気で憂えること

たまたまシンガポールの日系人材紹介サービスの方と話す機会がありました。
私がぼんやりと認識していたことが現実であることを明確に語ってくれました。

  • 日系企業が日本人に求めるのはコミュニケーション。 これは言語ではなく「気が利く」など文化的な意味も含めて、よって求人はアシスタント職などに留まる。
  • 現地採用と駐在員の待遇は(企業によるが)天と地ほどの差があり現地スタッフのモチベーションは低い傾向。 日系企業をあくまで「欧米の多国籍企業に移るステップ」と割り切っている人も多い。
  • ローカル(シンガポール人)の専門職(経理、財務など)を高給で雇うケースはあるが、それでも本気で国籍問わず能力のある人を高給で人材登用している多国籍企業と比べると見劣りする。

これが何を意味するのでしょうか?
当然、日系企業は他の(特に)欧米企業と比べて採用での競争力が弱いという帰結になります。 人材=企業の競争力なので、中・長期的には企業の競争力そのものに直結します(世界各国の中でこういう特殊な雇用慣習を持った国って他にあるのでしょうか?)


このように、海外拠点に日本の雇用環境をそのまま持ち込むことは、日本が「日本語、日本的ビジネス文化」という非関税障壁に守られながら世界第二の経済を謳歌できるうちはまだいいのですが、GDPなんて私たちの生きている間にすぐ中国とインドに抜かれます。
雇用という面でも”フラット化”が始まりコモディティ化したスキルはどんどん新興国にアウトソースされています(まだ読んでいない方は、ぜひ『フラット化する世界』をお薦めします)。
日本経済がアジアの中のone of themに過ぎなくなり、世界市場が際限なく効率を追求するようになった時に、突然「はい、これからはグローバル環境に対応してください」と言われても、経験する機会さえ与えられなかった多くの日本人は戸惑うと思うのです。
少なくてもシンガポールのような環境にいる日系企業はそのことに気づく機会はあると思うのですが・・・人材紹介サービスの方によると、まだ道は遠いようです。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: