苦痛からの抜け道

CREAさんからブログ・ネタのリクエストを頂きました。

ご自身の生活改善や能力開発・向上のために「以前はそうでなかったけど、現在では習慣になっている(している)こと」、また「以前は習慣だったけど、現在ではもうやっていないこと」があれば、エントリーとして取り上げていただけないでしょうか。
とくにビジネススキルや時間管理のスキルを身につける点で役だっている習慣があればよろしくお願いします。 例えば、la dolce vitaさんのブログの中では、『The Economist』を読む、車を運転しない、テレビを見ない、等が該当するのかなと思うのですが。

うーむ・・・今の私に時間管理術など聞かないでください。 なんせ『人生をスローダウンする – 2』で書いたように自分の思い通りに時間が使えない育児真っ最中ですから・・・ 「なかなか昼寝に寝付けない子どもを寝かしつけること30分、ようやく寝たと思ったら5分で起きた。 私のあの30分っていったい何?」とかそういう毎日。
以前、『”世界級”でいることに何の意味があるのか?』というエントリーで「快楽と痛みの原則」をご紹介した『成功の9ステップ』にはこうあります。

脳は基本的に、痛みを避けて、快楽を求めるように構成されているため、誰もが手っ取り早く苦痛や痛みから脱出する方法を確立している。 私はそれを「苦痛からの抜け道」と呼んでいる。 そして、自分の「苦痛からの抜け道」として選ぶものは、あなたの人生に多大な影響を与えることになる。
例えば、あなたが「退屈」とか、「寂しい」とか、「憂鬱」などの気持ちを感じているとしよう。 このいずれも痛みの別名である。 そのとき、あなたはどうするだろうか。(中略)
ほとんどの人が夢を実現できない理由は、意味のない気を紛らわすだけの活動に自分の集中力を浪費しているからだ。 彼らはどうでもいい事柄を自分の専門分野にしていると言えよう。 新しいスキルの体得、外国語の勉強、微分学などを学ぶかわりに、漫画や、有名人がどこの誰とデートしたのかを報じる雑誌やテレビ番組を見て、気を紛らわしている。(中略)
成功者は、気を紛らわすだけの「苦痛からの抜け道」ではなく、自分の成功に貢献してくれる「苦痛からの抜け道」を構築している。 一時的な痛みを消すために、長期的な成功に役立つ活動に打ち込むのだ。(中略)
私のよく使う「苦痛からの抜け道」は、自分の健康に役立つ活動や、人間関係作り、社会貢献、また創造的な活動になっている。

CREAさんのご質問に戻ると「以前は習慣だったけど、現在ではもうやっていないこと」が上記で言うところの「意味のない気を紛らわすだけの活動」、「以前はそうでなかったけど、現在では習慣になっている(している)こと」が「長期的な成功に役立つ苦痛からの抜け道」であれば理想的・・・でしょうか?
私は「意味のない気を紛らわすだけの活動」、「長期的な成功に役立つ苦痛からの抜け道」ともにリストにして書き出しています(書いたのだいぶ前だけど)。
前者が、

  • 受動的なマスメディアの視聴による時間の浪費
  • 目的のないインターネットサーフィン
  • 口さびしいという理由による間食

後者が、

  • 体を動かす(ヨガ・ジョギング)
  • 次の旅行の計画を立てる
  • マッサージを受ける
  • 能動的に自ら選んだ本を読む
  • 夫と将来の夢を語り合う

後者は、子どもが産まれる前はちゃんとやってたんですけどね・・・ 今は、体を動かす、マッサージを受ける、本を読む、はほとんど全くできていません。
育児が始まると全く違う次元での時間管理が必要だなー、と思う今日この頃。
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=696969&lc1=708090&t=keyworddetoku-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&asins=4344004787


3 responses to “苦痛からの抜け道

  • kiki

    このブログのファンでいつも楽しく拝見しております。
    20代女性ですが、海外へ出たくて留学するか海外就職するか迷った
    挙句、シンガポールへ現地就職したいと思いシンガポールへやって
    来ました。最近日本人で海外就職希望者・現地就職がとても多いのだそうですがこの件に関しては
    どう思われますか?
    日本での職務経験は総務・人事二年ほどです。
    私の経歴不足もあり現在転職活動苦難中ですがこんな私がシンガポールからキャリアをスタートさせる場合、何かアドバイスをいただけないでしょうか?
    SGPで強い職種といえば金融だと思いますが、私には金融系の職歴がありません。
    全般的に現在日系(は給料の安いローカルを雇う傾向にあるらしく)よりも外資のほうが採用枠があるようです。

  • Playland

    面白いネタですね。
    ちなみに、私の同僚の元I-Bankerの若者を見ていると、テレビ、特にドラマ、リアリティTVを見たり、ネットサーフィンをしておいしい店とか探すことが大好きです。彼ら曰く、モデリングとかを10時間くらい根詰めてやると、それ以上頭が働かなくなるそうです。I-Bankの若者が夢をどれだけ実現できるのかはわかりませんし、彼らの中でも、長期的な成功に役立つことをやっている人は沢山いると思いますが、自分は、テレビを見たりお気楽なことをする時の自分に対する言い訳として、彼らの話を思い出していました。

  • la dolce vita

    >kikiさん
    >最近日本人で海外就職希望者・現地就職がとても多いのだそうですがこの件に関してはどう思われますか?
    いいことじゃないでしょうか。
    日本国外だと、出身国外に職を求めるなんて普通のことですし。
    >私の経歴不足もあり現在転職活動苦難中ですがこんな私がシンガポールからキャリアをスタートさせる場合、何かアドバイスをいただけないでしょうか?
    「キャリアのアドバイスください」というメールを本当によくもらうのですが、特に私とバックグラウンドが違う人の場合はあまりお力になれません。 理由はこのエントリー(↓)や過去のエントリーをお読みください。
    http://www.ladolcevita.jp/blog/global/2009/02/post-138.php
    自分とバックグラウンドが近くてシンガポール就職に成功した人に聞くのがいいと思います。
    >Playlandさん
    >I-Bankの若者が夢をどれだけ実現できるのかはわかりませんし、彼らの中でも、長期的な成功に役立つことをやっている人は沢山いると思いますが
    職種はあんまり関係ないのかもしれませんねー

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: