Tag Archives: 金持ち父さん貧乏父さん

私の不動産投資(未遂編)

慶応でビジネス英語担当講師をされ、ご自身のブログでもビジネス英語の解説をされている日向さんに『世界全体の成長を信じる』というエントリーに対し、「不動産にまで手が回っている資産配分はうらやましい」というコメントを頂きましたので、不動産投資をしようとして未遂に終わった話を。
私は2005年に株式投資を始めたのですが、2006年には不動産にも投資しようと週末ごとに都内の一流住宅街を投資用物件を探し求めて1日に何軒も物件探しをしたことがあります。
(REITではなく)現物の不動産投資は巨額でありかつ、かなり強いレバレッジをかけるので失敗したら一生ローンを返すために働き続ける羽目になるため、もちろん物件探しをする前に勉強をしました。
まず行ったのは当然読書。 当時は今のような読書スタンスも確率されていなかったので、不動産投資で成功した方の体験談を中心に10冊は読みました。 今の私のスタンスと異なるので、あえて本の題名はあげません。
次に各種セミナーに参加しました。 ここで重要なことは『There ain’t no such things as a free lunch』で書きましたが、「セミナー主催者の真の意図は何か」を見抜くこと。 不動産投資は株式投資より(1件あたり)巨大な金額が動く世界ですからボランティアでセミナーをやる人はまずいません。 安いセミナーは、セミナー主催者が不動産専門コンサルだったりブローカーだったり、必ず強く勧誘されます。

Continue reading


Between jobsの過ごし方 – 2

昨日の続きで、between jobsの私が今行っている「緊急じゃないけど大切なこと」です。
1. キャッシュフロークワドラント I (投資家)に移るために行っていること
簡単に言うと、資産から将来的に安定的な収入を得るための資産形成です。
ひとつめは支出のコントロール。
MBA同級生の友人が多く(と友人のせいにしてはいけませんが)、典型的な高収入・高支出だった私たちは友人との旅行、交際費、外食すべての支出において無頓着だったのでまずは家計簿をつけるところから始めました。 数字として改めて自分たちの消費(浪費)行動を見るインパクトは大きく、支出は大きく改善の余地ありです(クレジットカード以外の負債が全くないのが大きな強み)。
ふたつめはアセットアロケーション、投資商品の選定。
今までは『私の株式投資は失敗の連続 – 1』『- 2』に書いた通り、私は無惨に失敗→その後見るのも嫌になり投資ポートフォリオは放置、銀行普通預金に預金だけが貯まる、という状況であったため全面的に見直しをしています(投資環境の良いシンガポールに移住したこと、マーケットが落ち込んでいることも追い風!)。
長期投資には証券会社・ファンド会社の手数料が大きく響くので、個別に証券会社・ファンド会社のwebsiteで調べたり直接電話で問い合わせたり、個別金融商品の目論見書を読んだり、各国の税制、USD他通貨での投資運用可否、両替・送金手数料など調べたり・・・やることは枚挙に暇がなく、コツコツと日々調査・研究しては夫に結果報告する毎日です。
結果はそのうちブログでご報告できると思います。

Continue reading


Between jobsの過ごし方 – 1

6月に仕事を辞めシンガポールに移住してきて以来、「普段何をしているのか?」と聞かれ日本語で適切な言葉がないのでいつも答えに窮しています。
「専業主婦」と専業にするほどやる家事もありませんし、「無職」「求職中」というのも微妙に違う。 英語では仕事を探しているのかすでに次が決まっているのかに言及しなくて済む便利な”between jobs”という言葉があるので、これが一番ピッタリきます。
職と職の間の期間、between jobs。
誰にも指示されることなく、自分で1日の時間割を自由に決められる、これ以上ぜいたくな時間の過ごし方はないんじゃないかと思うbetween jobs。
4年前に留学から帰国した直後にも2ヵ月こういう期間がありました。 あの時は仕事がすでに決まっていたので、アテネオリンピックを観たり無為に過ごした時間もありましたが、この時期の一番の収穫は猛烈に本を読み出したことです(東京で居候させてもらっていた友人の家の実家が本屋。 本屋並に揃った本棚の本をむさぼり読んでいました)。

Continue reading