Tag Archives: 出産

35歳までに産みたい30歳前後のキャリア女性に

ブログを始めた頃はよく男性が書いてると間違えられていたのですが、子どもが産まれてからは間違えられることもなくなり、最近は「女性とキャリア」的なエントリーが多いこともあってか、20代、30代の女性からメールや相談をもらうことが増えました。
『キャリアの下り方 – 1』『 – 2』などと言ってる私にはキャリアアドバイスなど全くできないのですが・・・

今日はその中であるグループに知っておいて欲しい図を。
「あるグループ」とは、30歳前後のピッカピカのキャリアを持った女性でグローバル志向があってすでに将来のパートナーも決まっている、周囲の人がため息をつくような恵まれた人たち(本人はすごい努力家でまじめ、そして天は二物も三物も与えるのか容姿端麗)。
彼女たちの人生計画と悩みは驚くほど似ています。

28 – 30歳でMBA(や他分野の修士)取得(←今、ここが終わったとこ)、日本国外で働いてみたいので海外で就職活動し就職できるのが30歳くらい(パートナーとは同じ都市で就職したいけど、できなかったら遠距離婚)、就職したら2年くらいは仕事に邁進、それから子どもを産みたい。 だから子どもを産めるのは早くても33歳くらいになっちゃうかなー? どういうタイミングで産めばいいんだろう?

というもの。
Continue reading


2人目、産まれました。

7月24日朝、3,906gの男の子(2人目)が産まれました。 母子ともに健康。
2人目の方が妊娠中は大変でしたが、お産はスムーズでした。

「新生児ってこんなんだったかなー?」とあらゆる瞬間にノスタルジーが入り交じった2日目です。

まずはご報告まで。


当事者性と専門性 – 1

当事者性と専門性最近こんな図をよく頭に描いていました。

身近な例として妊娠・出産・育児を例に説明します。

①・・・自身も出産経験のある産婦人科医、子育て経験のあるベビーシッター(ナニー)など専門家。

②・・・自身は未経験の産婦人科医、ベビーシッター(ナニー)など。

個人的には、専門家はその知識や臨床経験、その他の人間力などで判断されるべきで、自身が直接当事者・経験者になったことがあるかどうかは必須要件ではないと思っています。 が、「経験したことないくせに」という批判をする人、多いですねー
友人の産婦人科医 宋美玄さん(大ベストセラー本『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』の著者)のブログ

時々「先生は子供作らなくていいんですか?」とか「産んだことのない人が言っても説得力がない」などと言われることがあり

とあり、ビックリしました。 男性の産婦人科医にこんなこと言う人いないよね・・・
Continue reading


Timing is never right.

今日はずっと書こう、書こうと思ってた「産みどき」の話です。 そう、子どもの「産みどき」。
「仕事で自分のポジション確立してから子ども産みたい」、「母なのにアクティブですねー」、etc. いろいろ聞かれるのですが、

Timing is never right.

子どもの「産みどき」なんてないです、「産める年」ならあるけど。
とにかく変化のスピードがどんどん速くなる世界で「3年間(2人以上なら5年以上)世界経済が不況に陥らず、会社がリストラせず、上司の理解があって、自分の職場でのポジションが安泰で、心おきなく産休取って復帰できて、しかも夫の転勤もない時期」なんて果たしてあるんだろうか?
ロンドンには夫の会社に転勤希望を出して来たのですが、2009年夏には転勤できる予定(私もロンドン着いてすぐ仕事を見つける予定)が夫の会社がリストラ開始したので転勤も凍結、同じ頃に妊娠が判明、凍結解除された妊娠9ヵ月で引っ越してきたため就職活動もできず。
妊娠→出産→育児とかかる時間のスパンより外部環境が変わるスパンの方がずっと短いのが現代です。

Continue reading


女性MBAの出産後のキャリア – 2

一昨日の続きでさらにサンプルが続きます。 ロンドンはどうしても金融が多いので金融以外の例もどうぞ。
6. アムステルダム在住日本人K、デンマーク人の夫との間に3歳と2歳の息子2人。
INSEAD後、アムステルダムでオランダ系電機メーカー勤務、出産後2回とも同じ職場に復帰。 夫は米系アパレル。
「オランダは本当に職・住環境がファミリー・フレンドリーで育てやすい。 アムステルダムにぜひおいで〜」
7. シンガポール在住シンガポール人M、シンガポール人の夫との間に4歳と2歳の娘2人。
家業のパームオイル・メーカーで父親の経営を手伝う。 住み込みメイド2人が家事・育児全般を担当(外食にも旅行にもメイド同伴)。 近くに両方の両親も住んでいるので(シンガポールは東京23区の広さ)、サンプルの中では最も余裕のある家庭。
8. シンガポール在住スウェーデン人S、デンマーク人の夫との間に5歳の娘と3歳の息子。
コペンハーゲンでブティック系コンサル勤務、パートナー(共同経営者)になるも夫と2人でアジアに住む夢を叶えるためシンガポールに移住、現在は独立コンサル。 夫は欧系海運業のExpat。
「子どもがいると人生のプライオリティーが全く変わる」
9. シドニー在住ベルギー人C、オーストラリア人の夫との間に4歳と2歳の息子2人。
INSEAD後、ロンドン・シティで英系大手銀行投資銀行部門に勤めるものの、Quality of Lifeを求めて夫の故郷シドニーに家族で移住。 しばらくfull-time mum(stay-at-home mumとも言う)を満喫。

Continue reading


女性MBAの出産後のキャリア – 1

HBS(Harvard Business School)留学中のGlobetrotterさんからだいーぶ前にリクエストをもらっていたのですが、お待たせしました・・・件名通りのお題です。
実は私「女性とキャリア」というトピック、苦手なのです。 リクエストが多いので、たまに書くのですが(類似エントリー→『MBA女性の10年後』『MBA女性の10年後 – 王道対策編』)、苦手な理由として、
1. そもそも限られた人生の時間をどう使うか、は女性だけではなく男性も持つ共通の悩み。 男性だって子どもが産まれたら、もっと一緒の時間が欲しい!と切望している(少なくとも私の夫は切望している)
2. 私自身はこういう(→『人生とはやりたいことを探し続けるプロセス』『究極のキャリアドリフト』)心境なので、長期のキャリア計画なんて全然ない
から。
・・・とは言え、サンプルは周りにいっぱいいるので今日はINSEAD同級生の例をご紹介。 全員30代女性、フランスのビジネススクールINSEADで6年前にMBA取得、過去5年以内に出産経験あり、です。
1. ロンドン在住イギリス人S、オランダ人の夫との間に3歳と1歳の娘2人。
英大手銀行の投資銀行部門にいたものの育休後、プライベートバンキング部門へ異動しプライベートバンカーに。 現在は週4日、8am – 5pmで働く。 夫はPE(プライベート・エクイティ)。 ロンドンからサリー州の実家近くに引っ越し、母親とベビーシッターのヘルプを借りてこなすものの、通勤に1時間以上かかるためダッシュで5pmにオフィスを出る毎日(娘の就寝後に1時間ほど家で仕事をすることも)。
「両立させるのは大変だがその価値あり、(子どもを産んだことは)私が人生でやったことの中で一番よかったこと」。

Continue reading


産後うつと中村うさぎとタイガー・ウッズ

ちょっと『セックスと嘘とビデオテープ』っぽい題にしてみました(どこが?)。
変な話だが、私、出産する前は自分は”産後鬱(うつ)”になるんじゃないかと警戒してました。
というのも、妊娠中ずっとそこはかとなくブルーだったので(マタニティー・ブルーってやつです)、「人生変わるよ」とありとあらゆる人に言われた出産後は、変化についていけなくてさらにブルーになるんじゃないかと思っていました。 今のとこ、その兆候はないようです(それどころか、睡眠さえ取れている日はかなりハッピー)。
そんな私がビックリしたのが、出産前にロンドンで参加した両親学級(→こちらこちら)が2つとも産後うつの説明で締めくくられたこと。 普通もっと明るくハッピーな締めくくり方するもんじゃないかと思ったけど・・・

産後うつ(Postnatal Depression)はホルモンの変化が引き起こす治療可能な病気です。 親失格ではありません。 ひとりで抱え込まずに外部の助けを借りましょう。 パートナーは様子を気をつけて見てあげて、気分の落ち込みが数ヶ月続くようであれば、医療機関にアラームを出しましょう。

として、具体的に医療機関やサポートグループのコンタクト先を渡されました。

Continue reading


Yummy Mummies' Babies

息子が産まれて3週間とちょっと経ちました。
妊娠中の辛さは出産の痛さで忘れ、出産の痛さは産後の体がボロボロの中での育児の辛さと睡眠不足で忘れるというのは本当ですね。 もう出産以前のことは、ほとんど覚えてません、いろいろ書こうと思ってたこともあったんだけど・・・
来週には生後1ヵ月! 生後すぐの怒濤の生活の後は、”It just gets better and better.”という友達の言葉を信じたいと思います。
さて、『Yummy Mummyたちの集い』で紹介した、両親学級で出会ったロンドンYummy Mummyたち7人の赤ちゃんが出揃い、全員に会ってきました。 予定日より2週間早く産んだ1人を除くと、10日間の間に6人が産まれたという・・・みな全く同じ子育てステージで同じ辛さ・痛み・悩みを経験しているので、お互いに会う日をとても楽しみにしています。 それにしても無事に全員産まれてよかった♪
Yummy Mummyたちの赤ちゃん7人のプロフィールはこんな感じ。

性別:男の子 2人、女の子 5人
体重:2.3kg – 3.9kg
人種:イギリス人(白人) 6人、白人と東アジア人のmixed 1人

Continue reading


本で読む育児 – 1

2週間前の朝、家から病院に向かうときは2人だったのに、3日後家に帰ってきたときは3人になっていた、という事実の重さをひしひしと感じている毎日。
泣き止まない我が子を前に「マニュアルのついてこない”取扱い注意品”(fragile)って初めてだね」と軽口を叩いたのは初めのうちだけ、夜中になぜ泣いてるのかわからず暗い明かりの中、育児本のページをめくるというマンガの一場面のような生活をしていました。
昔の日本の大家族、今でも発展途上国の大家族の地域では子育て経験者がすぐ近くにいて育児本は必要ないんだろうな、と思いつつ・・・
今日は今まで参考にした本をご紹介。 明日はこれから読みたい「しつけ・教育」編です。
■ 妊娠中
アメリカの本ですが、シンガポールでもロンドンでも最近妊娠・出産した友達の家に必ずあったのが『What to Expect When You’re Expecting』(邦訳:『すべてがわかる妊娠と出産の本』)。 初めてでわからないことだらけの妊娠中の疑問に客観的・医学的に答えてくれるバイブルです、とにかくすごい情報量! 同時にたまごクラブ編集部が出している『初めての妊娠・出産』も頂いたのですが、イラストと写真が多く情報量が少ない、医学的な裏付けに基づいたことなのか慣習的に行われていることなのか違いがはっきりしない、という理由から物足りず途中から読むのをやめてしまいました。 『What to Expect When You’re Expecting』はパートナーである男性にも配慮して書かれているので父親となる人にもとてもお勧め。

Continue reading


出産・育児は2人でするもの

昨日の続き。
Antenatal class(出産前クラス)で感心したこと、2つめ。
イギリスでは母親だけを対象にしたクラスは「母乳セッション」というのがあるだけで、あとは基本的にパートナーと参加します。 私たちが行ったのは、日曜・月曜の2日間クラスと土曜の半日クラスでしたが、有休を取らなければいけない月曜も含め、全カップル、パートナーとともに参加。 私の夫はantenatal classに参加するために同僚が2週間している出張を1人、1週間で切り上げて帰ってきました(当然の権利ということで認められています)。
そこで男性陣はたーっぷりと「出産と育児は2人でするものなのよ!!! あなたは観客じゃないのよ!」と教え込まれるのです。
パートナー(たいてい父親なのでこう書くが、NCTのクラスでは”birth supporter”と呼ばれていた。 シングルマザーなどパートナーがいない人もいるので)がやることは結構多い。

  • 入院に備え病院用バッグに必要なものを詰める。 赤ちゃんが産まれた後で、助産婦に「はい、服出して」と言われて手渡すなど全部パートナーの仕事。
  • 昨日書いた”Birth Plan”とインフォームド・コンセントの質問リストを手元に、自分たちの望むお産になるよう母親の代弁者になる。
  • 陣痛が始まったら、呼吸を助け、マッサージをし、陣痛の間隔と長さをはかり病院に連絡する(クラスではこのマッサージの練習もした)。
  • 長丁場の陣痛の間、母親に水分補給と栄養補給をする(父親にとっても長丁場になるため、陣痛初期の頃は父親は起きていずに睡眠を取っておくように、というアドバイスも)。
  • 後産中や赤ちゃんが産まれた後の母親への医療処置中、生まれた直後の赤ちゃんを抱くのはパートナーの仕事。

そして産後はpaternity leave(父親の育休)中、一手に家事を引き受けるのはもちろんのこと、オムツ替え、お風呂入れ、ミルクを哺乳瓶で飲ませる、など山のように仕事が・・・

Continue reading