Tag Archives: スーダン

何を思えばいいんだろう?

こういう話に出会ったときは、いつもイエローモンキーのJAMの歌詞が頭の中をぐるぐる回る(こちらから懐かしのJAMのライブビデオ見れます)。

僕は何を思えばいいんだろう
僕は何て言えばいいんだろう

このブログでは単なるニュースのコピペではなく、「何か思って」から書くことにしているので、1週間ほど何を思えばいいのか考えていたのですが、1週間経ってもJAMの歌詞が頭で流れるだけなので、そのまま書くことにしました。
Emannuel Jalという人をご存知ですか?
彼のオフィシャルウェブサイトやインタビューから経歴を紹介。
emmanuel_jal.jpg

1980年頃(彼も周りの子供と同じく自分の正確な生まれた年を知らない)、戦乱の最中のスーダンで生まれる。 1987年、6歳か7歳の頃、家族から連れ去られ、血で血を塗るスーダン内戦の反政府軍の少年兵になる。 村は焼かれ、父親も反政府軍に加わり、母親は殺される。 後の家族も行方はわからない。 5年間、少年兵として自分の身長より大きいak-47ライフルを構え戦線で戦う。
13歳のとき、反政府軍の分裂に伴い400人の仲間と軍を離れる。 何ヶ月もさまよい、その間ほとんどの仲間が飢餓や野生動物に襲われ命を落とす。 400人中彼と共に生き残ったのは11人。 餓死寸前で、イギリス人の援助ワーカーEmma McCuneに助けられ、Emmaの養子としてナイロビに移り住む。
しかし、その第2の母Emmaも数ヵ月後に交通事故で命を落とす。 失意のどん底から立ち上がり、生きていくために、Emmanuelは歌を歌うようになる。 2005年に出したデビューアルバム”Gua”(彼の母語で「平和」の意)はケニアでNo.1ヒットとなる。
その後ネルソン・マンデラの90歳誕生日を祝うコンサートで歌うなど、世界中に音楽活動の場を広げる。

Continue reading